Cyara導入

Cyaraはコンタクトセンターにおける、コールシュミレーションを行うためのソフトウェアです。コンタクトセンターのインフラストラクチャとアプリケーションのための世界で最も使いやすいテストスイートであり、エージェント・顧客、ルーティング、CTI、通話録音、IVR(コールフロー、音声合成・音声認識)、アウトバウンド、など様々なテストを自動化して行うことが可能です。

Cyaraが提供するソリューションについて、主に3つに分けられます

負荷試験 -Cruncher-


Cruncherは、IVRおよびコールセンタの各システムの負荷テスト・ロードテストを実現します。実際にコールを発生させ試験を行うことで、精度の高いテストを実施することが可能です。繁忙時期でもカスタマーエクスペリエンス(CX)を維持させ、顧客満足を確保します。

特徴

♠1000以上のコールシミュレーションが自動的に発生し、負荷テストを行います
♠通話(ネットワーク、回線、DTMFシステム)、ルーティングやCTIだけではなく、ウェブサイト、チャット、メールやSNSなど、多様性なツールもテストを実施できます
♠データ集計や分析で潜在的な問題を見つけることが出来ます
♠テストスクリプトが簡単に作成することが出来ます
♠負荷テストの内容とスケジュールも簡単に設定できます

Cyara の管理画面

管理画面で負荷テストのコールレートを設定できます。
また、負荷テスト結果レポートの出力フォーマットや送り先も指定することができます。

繁忙時期のコールシミュレーションを再現できます。
結果を分析して現状を改善してCXを向上させます。

リアルタイム稼働監視 -Pulse-


Pulseはカスタマーエクスペリエンスをリアルタイムでモニタリングできるソリューションです。顧客目線でCXを観察し、コールセンターの稼働状況(通話録音、音声品質など)を常にリアルタイムで監視できます。障害が発生したときすぐ状況を把握することが出来き、システムを修復の手助けをします。

特徴

♠カスタマイズ可能なアラートフレームワークと障害通知からのアラートによって問題点を見極めます
♠ダッシュボードでコールセンターの状況をリアルタイムで確認できます
♠携帯アプリ(Pulse mobile Apps)からリアルタイムに状況が確認できます

Cyara の管理画面


顧客と同じ視点で架電し監視することで、コールセンタにおいて最も回避すべき
事象である電話が繋がらない状態(エージェントが応答できない状態)
を監視することが出来ます。


監視については、統合されたWEB画面での監視状況の
閲覧はもちろんのこと、障害発生時は携帯アプリも確認でき、
安心してコールセンタの稼働を見守ることができます。

IVRテスト自動化 -Velocity-


VelocityはCXテストの自動作成・実行によって、テストの時間を短縮できるソリューションです。また、シミュレーションする内容をを分かりやすいフローチャートで表示でき、確認・編集も簡単に行えます。

特徴

♠既存のIVRコールフローを自動で可視化(ドキュメンテーション)することが出来ます
♠機能テストや運用テストを自動で再帰的に実行することが出来ます
♠負荷テストを実行して、ピーク時にIVRが設計通りに機能することを確認することが出来ます
♠音声認識のテスト、統計的言語モデル(SLM)テストをすることが出来ます
♠CX&AXの統合テストを行い、データが自動的に正しく反映するのを確保します

 

 

Cyara の管理画面


どなたでも分かりやすいCXのフロー。フローによって自動的に適切なテストを行い、
CXが正常に稼働するのを確保します。

様々な機能を組み合わせして、御社の最適なソリューションを提案いたします。
ぜひお気軽にご相談ください。