中小企業向け情報システム

売上規模が数千万~数億程度の企業にとって、企業内の情報システムの導入・維持は大きな負担と考えております。大企業のように業務に合わせたシステムを導入するということは多大な費用がかかるからできない、でも業務を効率化していかないと、仕事が回らない。人を増やすのですら、今は結構な費用がかかってしまいます。世の中に様々なパッケージソフトがありますが、

  • 高いソフトウェアの購入費用はかけられない
  • 高いソフトウェアの保守費用はかけれれない
  • 高い運用費用はかけられない

こういった問題に直面することが目に見えています。皆本業に費やす費用を多くかけたい、情報システムに関わる費用など2の次となってしまっていると思います。
上記の問題を解決するために、企業規模に合わせた様々なオープンソースの情報システムの導入を提案致します。

ITを使わずに経営することは困難な時代です。 ITを使えば単純業務を一気に効率化できる時代です。

オープンソースの情報システムの導入はなぜ、中小企業に向いているのか、企業様に向けて、弊社がオープンソースの情報システムの導入を提案する理由とは?

弊社もスタートアップ時、企業として同じ悩みに苦しみました。本業が忙しくて時間が取れず、社内のシステムがほとんどない状態で業務を行っていました。。多くの中小企業はこのジレンマに苦しんでいます。

結果、いきついたのはオープンソースを使用した自社の情報システムを構築することでした。オープンソースは無料で多くの機能を有したソフトウェアを利用できます。
callcenter_line

メリット デメリット
無償で使える 運用イメージが沸かない
機能がたくさんあって何でもできる 機能が多すぎて直感的に使えない。
プラグインがたくさんあって何でもできる。 バージョンアップについていけない
自由にカスタマイズできる 日本語化の問題
偏ったベンダーに依存したシステムにならない もし問題が発生したら誰に聞いてよいかわからない

技術者がいれば低コスト・短期間にて非常にすぐれた情報システムが構築出来、業務の改善が可能と夢のような話です。
しかし、多くの企業様は以上のメリット・デメリットに、二の足を踏んでしまうかと思います。

 

CCアーキテクトでは、これらの課題に正面から取り組み情報システムの導入、業務の効率化を実現致しました。
その蓄積されたノウハウを同様に悩んでいる企業様に向けてサービスとして提供したいと考え、
以下の2つのサービス提供を実現しました。

 

tyusyo-link1 tyusyo-link2