情報システムアウトソーシング

ITシステムは、日々進化しています。自社でITに詳しい要員を抱えると、属人的なシステムになってしまったり、本当にそのシステムが業務にとって適切なのか判断に迷ったり、専任のスタッフではないため、日々の運用に時間がかかり、本業を行うための時間を奪われたりしてしまうことが多いと思います。
CCアーキテクトでは、自社で導入しているオープンソースの仕組み・ノウハウを生かし、お客様の情報システム部門に代わって、業務を改善するためのITシステムの導入のご提案や、システムの構築・運用などを行っております。お客様の企業規模・業務内容によって、オープンソースをベースとした最適なソリューションのご提案・構築・運用をさせていただければと思います。
また、専任のスタッフがつきますので、様々なご要望にお応えすることが可能です。

通常ITシステムを導入してしまうと、初期導入費用に莫大な費用がかかり、パッケージの保守はあるけれども、運用する際にも必要な仕組みがそろっていなく、なにか改修するたびに費用がかかってしまうなど、様々な問題を抱えています。
情報システムアウトソーシングは、月額で契約をしていただき、長期的な御付き合いをさせていただくことで、初期導入コストを抑え、導入後の運用についても安心していただけるサービスになっています。まずは必要最低限の機能を導入し、そこで運用しながら少しずつシステムを改善してくといった、開発モデルで行うことで、必要以上のシステムにかける費用を抑え、最高のコストパフォーマンスを発揮するシステムが出来上がると考えています。

導入までの流れ


導入までの流れは、一般的なシステム導入の流れとほぼ同様になりますが、違いはシステム導入の決定から、導入まで数週間程度。運用開始から、改善のイテレーション(繰り返し)を数週間単位繰り返しさせていただき、全体の期間について3か月~4か月程度での作業を繰り返し実行していくイメージとなります。
短い期間で、必要最低限の機能の導入・改善をしていくことで、なるべくOnDemandでのご要望にお応えできると思っております。

outsource_1

 

システム構築モデルについて


システム構築の一般的なモデルとしては、現在広く利用されているクラウドサービスを前提にしております。クラウドサービスを利用することでHW導入費用や運用費用を抑えることをお勧めしております。またクラウドサービスを使用することで、お客様の利用環境に左右されなく安定したシステムサービスが提供できると考えています。

outsource_2

QA