Asterisk(アスタリスク)

Asteriskは、従来高価なPBXでしかできなかった企業向けの構内電話交換機能を、安価なサーバーで実現できる、オープンソースソフトウェアです。
しかしオープンソースとしてソフトウェアは提供されますが、導入するにあたっては、様々なことを検討しなくてはいけません。

  • 回線キャリアの選定
  • サーバの選定
  • 電話機の選定
  • 各電話機能の選定

CCアーキテクトでは、オープンソースのAsteriskを企業に導入しやすいように、ソリューション化を行い提供をしています。基本的な構築イメージは以下となります。


Asterisk_all

Asteriskの標準機能 クラウドサービス上に、Asteriskを構築することで、複数の拠点(外出先でも)で会社の内線網が利用できます。今まで大企業でしか実現できなかった、IP電話網がAsteriskを利用することで簡単・安価に構築することができます。無論、クラウドサービスを利用する通常のメリットを享受することもできます。HWの購入の初期投資を抑えることや、HWメンテナンスの手間等も省くことができ、バックアップやリカバリといった運用も容易に行うことができます。


Asteriskはオープンソースでありながら、標準的な電話交換機の機能としてはそろっており、Asteriskの各設定を活用および電話機の機能を活用することでされに様々な機能を利用することが可能になります。

  • 外線着信・発信機能
  • 内線着信・発信機能
  • 時間外アナウンス機能
  • 発信者番号通知機能
  • 代表着信(一斉鳴動)
  • 発信規制(国際電話等)
  • 会議機能
  • 内線転送
  • 外線転送
  • 留守番電話機能
  • 話中転送
  • 無応答転送
  • 保留機能
  • パーク保留機能
  • 通話履歴閲覧
  • IVR(Interactive Voice Response)
  • 電話帳機能
  • プロビジョニング機能

 

asterisk-cca~CCアーキテクトでできること~


CCアーキテクトでは、オープンソースとしてのAsteriskを活用するといったところを推奨しております。オープンソースであるが故に、様々な機能がAsteriskには今後負荷されていくことが予想されます。バージョンアップについても、頻繁に行われておりこのメリットを生かすことが重要と捉えています。私達は、Asterisk自体をブラックボックス化(パッケージ化)し、お客様へ提供するというよりは、常に提供する時点での最新版(弊社内稼働テストで問題が無いと判断された最新バージョン)を利用し、その機能をフル活用するといったご提案をさせていただいています。
また私達は、小規模から大規模のコールセンタを数多く構築してきた実績があります。そこで培った導入ノウハウを生かしたご提案ができると自負しております。私たちが提供したいシステムは、最高の機能・最高の安定性を求めたシステムというよりは、現在世の中にある様々なサービスをマッシュアップし、最もコストパフォーマンスの良いシステムを構築することが目標になっています。

QA